自分の資金以上を動かすことの出来る信用取引とは

by: admin

信用で回っている社会

世の中には信用ので動いている物が沢山あります。クレジットカードや消費者金融のカードローンまたは、個人同士の取引等数多く存在します。その中で信用取引と言うものが存在します。クレジットカード等も含めて信用取引なのですが今回は、株式市場で使われる信用取引と言うもののメリット、デメリット等を簡単にではありますが説明していきたいと思います。株なんて自分はやらないと言う方も知っていて損になる事はないと思います。

株式市場における信用取引

まずここにおける信用とは何か。信用とは自分が積み上げてきたクレジットカードヒストリーや株式市場の実績、または紹介制度によるコネクション等も含めての他人から見た安心度のようなものです。この信用をもとに株式市場では自分の持っている資金、株を担保に自分の証券会社などからお金を借り投資をする事が出来るシステムとなっています。。この信用取引にはメリットが存在します。そのメリットを下記に紹介していきたいと思います。

信用取引をする事によって

まずわかりやすいメリットはお金を借りる事により自分の資産以上の取引が可能となることです。買い時の株をより多く買う事により利益もそれに伴い大きくなります。もう一つは一定の以上の金額や取引を行う事によって得ることの出来る株主優待券が得られやすくなる事です。株自体で利益がほぼ無くとも多くの株を保有する事によって株主優待券から特典を得られるます。株主優待券にもよりますが商品券や食品等の場合もある為生活の出費が抑えられ実質的な利益へと繋がっていきます。

信用取引は資金よりも多く株の売買をすることが出来るようになるので、ハイリスクハイリターンの取引をしたい場合には最適です。