万が一の被害のために!入っていてよかった火災保険

by: admin

火事などのスタンダードな被害をカバー

大切な住宅と家財道具を守るのは自分の役目です。起きてはほしくない被害ですが、火災保険に加入していれば万が一の際にもしっかり生活が再建できます。補償の範囲としては例えば火事や落雷、破裂、爆発、消防による冠水などの被害はもちろん、第三者の突発的な被害といわれる盗難なども補償がされます。また、第三者の車やバイクなどが自宅の塀やフェンスに飛び込んできて、壊れてしまった際にも火災保険で修理ができますので日常生活に備えるための頼もしい味方です。

多発する風水害なども補償

近年の異常気象は、もはや毎年のように自然災害を引き起こしています。ゲリラ豪雨や台風、洪水、突然の竜巻、突風や、大雪による雪害など挙げれば枚挙にいとまがありません。実は火災保険に加入していると上記のような自然災害による被害の際にも補償がされます。特に台風などの災害時にはフェンスや雨どい、屋根などの雨ざらしになった部分が被害に遭いやすいです。保険会社によっては免責金額を設定している場合もありますが、しっかりと補償の対象になりますので火災保険で備えましょう。

各種特約で手厚くカバー

火災保険には様々な特約を付帯することができます。日常生活での第三者に対する賠償をカバーする個人賠償責任特約や、隣家へ火事を移してしまった際の類焼損害特約などです。また、火災保険単独での加入では地震を原因とした被害はカバーされないことを忘れてはいけません。地震による火災、倒壊、津波の被害に備えるために地震保険に加入することで、トータル的な補償を確保できます。特に地震が起こりやすい地区や、海岸沿いに住んでいる方は地震保険の付帯をお勧めします。

火災保険は火事だけでなく天災等で家や家具等が壊れた時でも補償してもらえるので財産を守るために加入しておくほうがよいでしょう。