将来をしっかり考える!専門学校の選ぶポイント紹介

by: admin

専門学校を精査してクリエイトな将来を

高校3年生。専門学校に進学して、将来はゲームやデザインなどクリエイトな仕事に就きたい。せっかくならいい専門学校を選びたいですよね。専門学校といっても全国で約3000弱程の学校があって、選ぶのもなかなか至難の業。学校によって特色も違ってクリエイターを目指すなら特に学校選びは重要になってきます。ただ、実際に選ぶといってもどこをみればいい学校なのか、なかなかわからないものです。そこで、今回は専門学校を選ぶポイントをご紹介します。

やりたい仕事から学校をふるいにかけよう!

専門学校は全国に3000弱存在し、各学校で長所も様々。卒業生の進路も傾向がでてきます。なかなかどの学校がいいかわからないものですよね。大丈夫です!まず、自分がやりたい仕事やなりたい職業を考えてることから始めましょう。ゲーム開発やウェブデザインであれば、プログラミングなどの情報系。デッサンなどであれば美術系など学校の特色と自分のやりたいことを合わせて、ふるいにかけていきます。ふるいにかけるのは、細かければ細かいほど良いです。自分がやりたいことをさらに突き詰めることがポイントです。ゲームであれば、携帯ゲームなのかパソコン上のものなのか。デザインは衣類なのか食品なのかなど考えてみましょう。最近はネットで学校の情報が載っていることが多いため、自分の興味が決まればふるいにかけるのは割と簡単です。しっかり考えてふるいにかけると、ここしかないと思える場所が見つかるものですよ。

実際に学校に見学に行ってみよう!

進学したい学校がある程度決まった。でも本当に大丈夫か不安になることってありますよね。自分が決めた学校が本当にいいところか実際に見学に行ってみるといいです。専門学校の中にはオープンキャンパスや土日を使った見学会など定期的に開催しているところがあり、中には毎週のように見学会を募集しているところもあります。実際に見学に行くと、学校の雰囲気や教えてくれる先生、先輩の様子などが伝わってきます。また、見学時に聞いておきたいポイントはどんなものを作る授業があるのか。先輩達はどんな仕事についているのかです。学校に行くのは、クリエイターとして仕事ができる技術を得ること。仕事をしていくことが基本に入ってきます。学校側も熱意のある人は歓迎なので、質問をしっかり答えてくれると思います。進路でなやんでいる方、少しでも参考になれば幸いです。

ゲーム関係の仕事に就きたい場合、ゲームの専門学校で学ぶのが一番実践的です。卒業後即戦力となることができます。しかし、未経験からでもゲーム関係の仕事に就くことは可能ですので、よく比較検討しましょう。