心理学は頭で理解をするのでは無く!心で理解をすると効果的!その理由とは?

by: admin

理性よりも本能が大切な心理学

人は、他の動物よりも理性が発達をしていまして、頭で考える事を得意としている動物ですよね。動物は逆に本能が強いとも言われています。実は、理性と言うのは、本能を抑える働きがあると言われているのです。神経の働きを抑えると言う事は、情報が入ってくる神経をも抑えてしまう可能性がありますよね。心理学は、観察力を必要とするものでして、観察力を損ねてしまう可能性だってあります。つまり、子供の様に、感情が豊かで、本能に近い心を大切にする事が大切です。

喜怒哀楽の感情がより理解力を高める

人は、相手の姿を見て、その状態を理解して分析をする様に判断をする事もあります。同じ姿でありましても、心で同じ様な感情を抱く事によって、判断をする事もあります。結果は同じ内容ですが、感情を同じ様に抱く方がより身近な状態として知る事が出来ますよね。そして、その感情を抱く事によって、最善な改善策を導き易くもなります。つまり、心理学を学ぶに至っては、理系的な考え方よりも文系的な考え方を持ち合わせる事も大切と言えるでしょう。人の心は、簡単に変える事が出来る内容ではありませんが、映画を見たり、小説を読んだりする事によって、相手の感情も感じ易くなりますよ。

心理学を学ぶに至っては、女性的な心を持つ事も大切

人は、理解をした内容を感じ取ってから行動に移る人と、感じた物を理解してから行動に移る人がいます。敢えて言えば、前者は男性的な行動で、後者は女性的な行動と言えるかもしれません。前者のパターンを繰り返していますと、無表情なロボットの様になってしまうリスクもあります。心理学は、ただ知識として頭の棚に収めておくよりも、人のために知識を使う方が望ましいものです。つまり、人と接するために人して感情のある姿を示すための心のあり方でありまして、女性的な思いを身につけていく事も大切です。これは、女装する内容では無く、あくまでも、心を豊かにして人間らしい姿となるためですよ。

心理学の大学の人気が高まっています、企業ではメンタルヘルスが重要視されてきているので、心理カウンセラーの需要が高まっています。